midocoro | 展覧会の情報と「見どころ」
about POST
  • Esther Okada Art Gallery | 東京都
  • Between In and Out

  • 2022/6/4(Sat)〜6/18(Sat) 開催前

展覧会の見どころ

中国出身の3名は、東京藝術大学大学院にて学び、写真という表現方法を主に用いつつ、各々異なるテーマで制作活動 を行ってきました。グループ展という形で一つの空間にて共に展示を開催するのは今回が初めてとなります。 「Between In and Out」というタイトルの本展は、写真を主軸としたインスタレーション形式の展示です。是非ご来廊 ください。

エステルオカダアートギャラリーについて:
岡田エステルにより2017 年に中目黑のアパートの一室でZula Art Galleryとして設立され、2021年に代々木エリアに移 転。名称も新たに再始動しました。若手のプロフェッショナルな作家を中心に企画展形式で様々な媒体を用いた作品を 紹介しています。

Between In and Out

展覧会内容

Between In and Out

グローバル化が進んだ我々の社会では、突発的な出来事が起きると情報が錯綜し、その出来事が不透明になることがあ ります。この不透明さは、情報化社会の特徴です。ここでは、氾濫する情報が個人の記憶と混ざり合い、個人に影響を 与えます。それはまるで、IN(内)とOUT(外)との間を浮遊しているかのような感覚をもたらします。 写真の画面にも、はっきりとした部分とぼやけた部分が存在し、このイン(内)とアウト(外)との間を浮遊するかの ような状態に影響されながら制作活動を行っています。今回の展示では、それぞれ独自の視点を持つ三人の作家が共同 の空間において、この浮遊状態を表現しようと試みます。

出展アーティスト紹介 (五十音顺)

王 露 | Wang Lu | オウ ロ
1989年、中国山⻄省生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。普 段気がつかない時間、記憶、日常生活などを可視化し、写真メディアによって、物語や架空的な ストーリなどを制作。国内外のギャラリー、美術館で発表を続けている。KG+ SELECT(2022)、Portrait of Japan入賞(2021)、LensCulture Critics’Choice(2020)、 Reminders Photography Stronghold「COVID-19 パンデミック」公募展最優秀賞(2020)、 第 二回SHINES 写真オーディション受賞(2019)、キヤノン写真新世紀佳作受賞(2019)、第20回 1wall写真 ファイナリスト(2019)など。主な展示「Frozen are the Winds of Time」ふげん社(東京・2021)、「Now here,Now there」 Reminders Photography Stronghold(東京・2020)。2020 年自費で「Now here,Now there」 をRPSより出版。
Instagram:
wangxixi_foto
Website :
https://wanglufoto.net

呉 揚 | Wu Yang | ゴ ヨウ
1995年中国安徽省安慶市生まれ、2017年武漢設計工程学院公共芸術学部卒業、2020年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻研究生修了。現在、東京を拠点に活動中。個人的な体験を公共的な世界とつなげさせて自分を見つめ、客観的な現実における主観的な意識 の反応に対する疑問を提起したり、自分の幸福を追求する過程を基礎として思考する。写真と映 像を主たる表現手段として、「芸術と幸福」に関する諸問題をめぐって、多分野の理論を研究し ながら、自分の感得を表現し、幸福の表現に関する考察する。主な展示「東京藝大アートフェス2022」東京藝術大学 (東京・2022)、「Unbounded Group Exhibition 2021」三影堂撮影芸術センター (廈門・2021)。
Instagram:
wuyang0116
Website :
https://wuyang0116.com

林 煜涵 | Lin Yuhan| リン イクカン 1996年中国福建省生まれ、2018年清華大学美術学部卒業、2022年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。その後アーティストとして活動を始める。主に写真メディアによって作品を作っている。画像生成のロジック自体が「写真の本質」である と信じ、特にリアリティ、見ること、写真であることの本質性について、興味を抱いている。視 覚情報を用いて、いかに大衆の関心を一定の方向に向かわせるかということが、私の制作の大き な動機となった。KG+ SELECT(2022)、ピクトリコ フォト2021入選(2021)、第24回写真「1_WALL」ファイ ナリスト(2021)。主な展示「850nm」インターアート7(東京・2022)、「第24回写真 1_WALL ファイナリスト展」 ガーディアン・ガーデン(東京・2021)、「Re」⻑亭ギャラリー(東京・2021)、「Work In Progress, Inter-media Art」東京藝術大学取手校地(茨城・2020)、「New normal,Abnormal, 変わらないもの」VIVA(茨城・2020)、「ATLAS 2020,⻭向かう者」東京藝術大学取手校地(茨 城・2020)、「済南国際写真ビエンナーレ」山東工芸美術館(済南・2018)。
Instagram:
linyh14
Website :
https://www.linyuhan.work

  • 《Now-here,Now-there》より 2020年
    © Wang-Lu

  • 《Hear the Breath》より 2022年© Wu-Yang

  • 《850nm》より 2021年© Lin-Yuhan

基本情報/アクセス

展覧会名
Between In and Out
会期
2022/6/4(Sat)〜6/18(Sat)
会場
Esther Okada Art Gallery
住所
〒151-0053 東京都渋谷区代々木5丁目24−10
マップ