midocoro | 展覧会の情報と「見どころ」
about POST
  • MOTIF | 香川県
  • 山田愛個展「ひとつに還れたなら」

  • 2022/7/30(Sat)〜8/14(Sun) 開催中

展覧会の見どころ

私にとって描くことは、本来の地点へ還るための手段である。
その地点は、私たちが形をもち、それぞれになる前。だれもいない、個であるものが何もない。
それでいて、すべてのものはひとつとなって満ちている。そんな“0の地点”へと向かい、感じたことが景色として現れてくる。

混沌とした時代だからこそ、外界で吹く風や、刹那的な感情の波にとらわれずに。
一人ひとりが、だれもいない深海の宇宙へ眼を向ける心を持てたならば。

本展では、「瀬戸内国際芸術祭2019」以降はじめての空間作品の発表を行います。
ぜひ会場で体感してください。

山田愛

展覧会内容

日 程:2022年7月30日(土)- 8月14日(日)
時 間:11:00-18:00(会期中無休)
場 所:MOTIF
〒760-0062 香川県高松市塩上町1-2-7ミユキビル5F(瓦町駅東口から徒歩1分)   入 場:¥500(15歳以下無料)

山田 愛
1992年京都府出身。享保年間創業の社寺建築石材店に生まれ育つ。東京藝術大学大学院 美術研究科 先端藝術表現専攻修了。潜在的な感覚をたよりに、私たちが形をもつ以前の景色を写し描き、絵画と石を用いて空間をつくる。
<主な展覧会>
「瀬戸内国際芸術祭2019」/高見島
個展「何もいらないから、ここに行きたい」/GALLERY TOMO
個展「在りしモノのゆくえ」/BLOCK HOUSE
https://yamadaai.com
https://www.instagram.com/_yamada_ai_/

  • 内在するモノたちへ、/ 2019 / 瀬戸内国際芸術祭

  • さよならのいりぐち(廻流する景色)/ 2021 / 個展「光が降り積もる日には」

  • ひとつに還れたなら / 2021 / 個展「在りしモノのゆくえ」

基本情報/アクセス

展覧会名
山田愛個展「ひとつに還れたなら」
会期
2022/7/30(Sat)〜8/14(Sun)
会場
MOTIF
住所
〒760-0062 香川県高松市塩上町1-2-7ミユキビル5F
マップ