midocoro | 展覧会の情報と「見どころ」
about POST
  • CAVE-AYUMIGALLERY | 東京都
  • 伊丹豪 『DonQuixote』

  • 2022/12/2(Fri)〜1/29(Sun) 開催中

展覧会の見どころ

CAVE-AYUMIGALLERYでは2022年12月2日(金)より、写真家、伊丹豪の個展『DonQuixote』を開催いた します。写真が持つ極めて高度な複製性や平面性について考察を続ける伊丹豪の、新作11点を、今冬刊行 予定の新作写真集『DonQuixote』の出版に先駆けて発表いたします。またdot architectsとの会場構成コラ ボレーションにより、写真 / イメージの新たな解釈の可能性を提示いたします。ぜひご高覧ください。

CAVE-AYUMIGALLERY

展覧会内容

DonQuixote
画面内のもの全てに焦点が合っている。
この作品を要約するとそう言えるだろう。
2022年11月21日 Nest-A株式会社 (CAVE-AYUMIGALLERY)
画面内のもの全てに焦点が合っている、とはどういうことなのか。 そこには、'見るべきもの'や、'見なくてもいいもの'という区分けがない。 そういう在り方自体が拒否されている。 この在り方が、写真に対する自分の態度であり、社会に向き合う自分の態度そのものだろう。 言語によって説明可能なことをただ信じるよりも、1枚の写真を見続けてみればいい。 その1枚へ連なる、あらゆる、全ての決定の結果が’写真’と呼ばれ、今、目の前に立ち上がっている。
目の前に垂れた細い糸をしつこくしつこく辿り続けたら400年以上も前に書かれたこの小説の序文に突き 当たった。
この写真作品は、400年前の小説と似たパースペクティブを有している。 自己批評的で、外世界に対するつっこみであり、真剣なギャグのようでもある。
自覚的な決定の連続こそが、偶然という未知なるものを引き寄せると願って。
伊丹豪

伊丹豪 Go Itami
1976年徳島県生まれ 。写真家。2004年第27回写真新世紀」で佳作を受賞。2015年、『this year’s model』で第27回「写真の会賞」(2015年)を受賞。主な写真集に『study』、『this year's model』、 『photocopy』(全て出版レーベルRondadeより)などがある。2013年に「study」(MOTTO BERLIN)、2015年に「this year’s model」(PLACE M)、2019年に「ENTAILMENTS JOURNEY」 (agnes b. galerie boutique)など、国内に留まらず海外での評価も高く、多数の展覧会を開催。2022年 自ら新レーベル「we are lucky friends」を立ち上げ、『伊丹豪写真集: GO ITAMI: PPCC vol.1』を出版。 HP https://www.goitami.jp/

基本情報/アクセス

展覧会名
伊丹豪 『DonQuixote』
会期
2022/12/2(Fri)〜1/29(Sun)
会場
CAVE-AYUMIGALLERY
住所
〒162-0805 東京都新宿区矢来町114 高橋ビルB2
マップ