midocoro | 展覧会の情報と「見どころ」
about POST
  • ニコンサロン | 東京都
  • 黄 麗穎写真展「彼のこと、今でも知らない」

  • 2024/6/25(Tue)〜7/8(Mon) 終了

展覧会の見どころ

本展示では、死産となった兄のことから展開している。
中国の一人っ子政策下、母は私より先にもう一人子供を妊娠していた。でも、思いがけず死産となってしまった。民間伝承によると、胎内で死んだ子は仏の眷属で、前世の因果から一時的な縁で両親と繋がっていたという。私の母親はそれを信じて、毎年霊山に登り、お線香をあげて祈る。子供の頃、兄弟が存在すると想像したことがあったが、今考えると、彼が無事に生まれたら、私はこの世にはいないのだろう。
2016 年からの二人っ子政策、さらに 2021 年、中国政府は3人 目の出産を認め、一人っ子家庭は、滔滔と流れる長江に沈んでしまったようである。皮肉なことに、一人っ子政策の時期の親達は 子供がたくさん欲しかったのに、今ではほとんど産めない状況で、 産める若者たちは逆に産みたくないのである。そんな反転した時代に、私は家族内の喪失感や地元の仏教信仰との繋がりを通じて、過去と現在、記憶とイメージの隙間から、兄の痕跡を描き出す。さらに、個人の記憶から社会的記録へ広げ、社会的・制度的環境を再考する。

黄麗穎

展覧会内容

黄 麗穎(コウ レイエイ)
1998年 中国の四川生まれ
2018年-2022年 東京工芸大学写真学科 卒業
2022年- 武蔵野美術大学映像·写真コース 在籍

受賞
2020年 写真学科スペシャル特別審査員賞 伊藤ヒロコ賞
2022年 フォックスタルボット賞 佳作
2023年 APAアワード2024 文部科学大臣賞
2024年 武蔵野美術大学 修了制作展 優秀賞

グループ展
2020年 「写真学科スペシャル アワード2020」作品展 東京·銀座 ソニーイメージングギャラリー
2021年 「第26回jps展」ヤングアイ 東京 東京写真美術館
2022年 「東京工芸大学卒業展」 東京工芸大学中野キャンパス
2022年 「フォックスタルボット賞 受賞写真展」 写大ギャラリー
2022年 廊下写真展 武蔵野美術大学キャンパス
2022年 武蔵野美術大学小林ゼミ展 ルデコギャラリー
2023年 T3 STUDENT GALLERY 2023 JR東京駅
2024年 「武蔵野美術大学 修了制作展」 武蔵野美術大学鷹の台キャンパス
2024年 「APA AWARD 2024公募展」 東京都写真美術館
2024年 「武蔵野美術大学 卒業修了優秀作品展」 武蔵野美術大学美術館

基本情報/アクセス

展覧会名
黄 麗穎写真展「彼のこと、今でも知らない」
会期
2024/6/25(Tue)〜7/8(Mon)
会場
ニコンサロン
住所
〒163-1528 東京都新宿区西新宿新宿エルタワー28階
マップ